自己破産 専門債務ドットコム

自己破産 専門債務ドットコム 自己破産のメリット・デメリット

多額の借金を抱えてしまって、とても返済できない状態に陥ってしまった時の解決方法の一つに自己破産があります。
自己破産は裁判所に申し立てを行い、借金を0にしてもらう手続きです。

 

借金を0にしてもらうには返済能力が無いと裁判所に判断されること、免責不許可事由に該当しないことが条件に含まれています。

 

100万円の借金でも返済能力が無ければ免責になり、1000万円の借金でも返済能力があれば免責されないです。

 

免責不許可事由は借金の原因がギャンブルや浪費、債権者を害する目的での借金、株や先物に投資するための借金、あきらかに返済不能であるのにそれを隠して借金した場合など様々です。

 

免責不許可事由に該当しているからと言って必ず自己破産が認められないのではなく、その判断は裁判官に委ねられています。

 

借金の原因がギャンブルや浪費でも裁判官によっては自己破産が出来ることがあります。

 

多額の借金でも0になるメリットは大きいですが、その代わりにマイホームや99万円以上の現金や20万円以上の預貯金などの換価で
きる財産を持っている場合は、差し押さえから処分され債権者への配当に回されます。

 

さらに信用情報に自己破産の実績が記録され、最長10年間は新規ローンを組めなくなります。

 

一定期間、一部の職業や資格に制限がかかります。国が発行する機関誌、官報に住所氏名が記載されます。

 

連帯保証人に一括返済の請求が行ってしまい迷惑がかかるなど、様々なデメリットがあります。