自己破産することのメリットとデメリットとは

自己破産することのメリットとデメリットとは

借金の返済に滞りそうになった時にはまず弁護士や行政書士などの専門家に相談することが最もよい方法であり、相談すると「債務整理」を行うことをすすめられる場合が多いです。

 

現在働いていなくて今後も収入の見込みもない人の場合、裁判所に認められることで今後の借金がゼロになりますが、これを「自己破産」と言います。
自己破産をするとその情報が5〜10年間信用情報機関に登録されるため、その間はキャッシングに申込んでも審査に通る可能性は低く、またクレジットカードを作ることもできません。

 

更に住宅や車など価値のある財産があれば手放す必要もありますが、家具など生活には欠かせない財産については残すことは可能です。
一方で自己破産後に働いて得た収入で生活して貯金することも可能で、何よりもお金に関する悩みが消えると言うことは精神的にも楽になることが最大のメリットだと言えるでしょう。

 

債務整理の中でも自己破産は最も重い手段であると言えます。

 

手続きは簡単ではなく、一般の人が行うとかなりの時間がかかりますので専門家に相談することでもしかすると自己破産以外の他の方法を選択できる可能性もあります。

 

無料相談を行っている所も多いのでまずは連絡してみることをおすすめします。