債務整理 相談借金ホットライン 失敗しない

債務整理 相談借金ホットライン 失敗しない

自分に合った債務整理の方法を知るためには、債務整理の仕組みを知ることが重要です。今回は、債務整理の種類と選び方について解説します。

 

債務者と債権者が話し合いを通じて借金の現状を見直す債務整理が「任意整理」です。任意整理はあくまでも話し合いで債務を整理する方法なので、スムーズに進めば短い時間で手続きが終了します。利息の見直しや返済金の分割などで返済負担が減らせると同時に、過払い金の返還も請求できます。

 

一般的に債務整理と呼ばれている手続きのほとんどは、任意整理が占めています。一人で交渉するのはほぼ不可能なので、専門家に依頼して手続きを代行してもらう必要があります。

 

簡易裁判所の調停委員の仲介で債権者と債務者が話し合う債務整理法が「特定調停」です。特定調停は任意整理のように話し合いで解決する債務整理法ですが、手続きが簡単で費用が安いため、債務者個人で手続きが行われるのが一般的です。

 

裁判所に申し立てを行い、借金を整理して三年以内に払うことを条件にして一部の借金返済を免除してもらう方法が「個人再生」です。個人再生では住宅ローンは対象にならないため、債務整理をしてもマイホームを手放さずに済みます。

 

裁判所に破産を申し立てて、免責措置を受けて借金をゼロにする手続きが「自己破産」です。自己破産は借金がすべてなくなる最も強力な債務整理法ですが、生活に必要な最低限の物を除いた資産も整理されてしまいます。また、一部の職業に就けなくなるなど、一定期間資格制限が行われます。

 

どの方法が良いかを判断するためには、法律の専門家に相談するのが一番です。債務が膨れ上がって返済困難になったら、速やかに法律事務所に相談してください。